ウォーターフォール,アジャイル,システム開発,設計

ウォーターフォール型とアジャイル型のシステム開発手法について

ウォーターフォール型

滝のように上から下に落ちていくイメージで、決められた工程を順番に完了していく方法です。
基本的にどの工程においてもOKがでなければ次の工程には進めません。
開発側としては作るものが分かりやすく、進捗も明快に分かるということがメリットですが、
一方で工程を1つ1つ確認していく必要があるため時間が掛かりやすく、
また万が一漏れがあった場合には多くの時間を失うデメリットがあります。

アジャイル型

アジャイル型とウォーターフォール型で一番違うのは、開発スピードです。
1つ1つの工程を確認しながら開発していくウォーターフォール型に対して、
アジャイル型はある一定の期間内で1つの機能の開発からリリースまでを行っていきます。
アジャイル型の最大のメリットは開発スピードが早いということと、仮に要求が変更になった場合でも
柔軟に対応できるという点です。反対にデメリットは、全体的なスケジュール管理が難しく、
また成果物の確認がしづらいということがあります。