システム開発,設計,流れ,初心者向け,東京,業務自動化

システム開発の流れ

システム開発を考えているけれども、システム開発・設計が果たしてどう進むのかさっぱりわからない、イマイチわからないという方も多いと思います。システム開発は一般的に以下のような流れで進んでいきます。
①上流工程(要求分析)→②要件定義→③外部設計→④内部設計→⑤プログラミング→⑥単体テスト→⑦結合テスト→
⑧総合テスト→⑨運用テスト→⑩システム移行→⑪運用・保守

①上流工程(要求分析)

ユーザーが思い描いていること、どのようなシステムを開発したいなどを多角的な視点からお聞かせいただいて、それがIT的な視点からみた場合、可能かどうかを分析・判断する工程。ベンダー側も様々な視点からユーザーに質問をし、ユーザーの事業、新システムへの造詣を深めていく。可能性を共に模索する。ベンダーはベストと思われる制作方向性を複数提示する。

②要件定義

ユーザーとベンダーで話し合われて決められた新システムの目的、要件を定義します。システムの全体像のデザインはもちろんのこと、ターゲットはBtoBなのかBtoCなのか、機能的な意味・目的、データを処理した後のアウトプットの形、運用方法やセキュリティーも決めて定義化します。
上記をまとめて文面化した要件定義書を作成します。
上流工程(要件分析)が安易になされてしまうと要件定義も甘い出来になってしまい、後で工程を戻して修正を入れるなどというようなことが起きてしまいます。
ですので出来る限り上流工程で想定されることを出し尽くした上で、要件定義を作成することが大事です。

③外部設計

具体的にどのようなシステムで実装していくかを設計します。市販されているシステムで近いものがあればそれを流用して必要な部分を改変していくという”パッケージ型”、一からオリジナルで作り上げる”カスタム型”があります。それ以外にシステム全体のレイアウト、画面遷移の方法やバナーやコンテンツの配置、データベースを管理するためのサーバー環境、セキュリティーについて決めていきます。

④内部設計

システムの内部の動作やデータ処理等を設計します。基本的に内部設計はプログラミングに必要なものですので、ユーザーが確認することなく(ユーザーが見てもわからないので)ベンダー側が独自に開発していきます。

⑤プログラミング

内部設計を元に"プログラミング設計"と"プログラミング"を行います。プログラミング設計は、プログラミング前段階としてプログラミングの際の動作や処理を設計します。プログラミングが完成後に実施される単体テスト用のマニュアルもここで作成します。

⑥単体テスト

作成したプログラムの動作テストを行います。⑤で作成したマニュアルを元にテストを行います。
思い通りに動かない場合、問題があった場合、その部分を修正します。

⑦結合テスト

単体テストが終了したプログラム同士を結合し、それぞれの連携がきちんとできているか?というテストを行います。
ありとあらゆるインプットとアウトプットを確認して想定通り動作していない場合はさらに問題点を探し修正に入ります。

⑧総合テスト

ベンダー側がユーザー環境と全く同じ環境に合わせて、最終的なシステムの総合的なテストを行います。

⑨運用テスト

最終的なユーザー側のテストです。②で約束された要件定義の内容に即して作られているかをユーザー側に判断してもらいます。

⑩システム移行

⑨で問題無しとなった場合、本番のシステムにリリースします。

⑪運用・保守

ベンダーはリリース後もシステムの運用や保守を行います。不具合が発見された際の修正や、新規機能・コンテンツの追加などをサポートします。

上記の流れで業務を行っていった上で、大体システムが完成するまでにはシステムの規模にもよりますが、中規模のもので大体3ケ月~1年くらいものものが多いです。